車の手続きはお済みですか?

引越しする際には、車も運ぶことになると思います。

このサイトでは、引越しで車を持って行く際の注意点やおおまかな費用、
手続きなどを、ご紹介したいと思います。

引越ししたら車も手続きが必要

引越しし、車を一緒に持っていった場合、
そのまま車に乗り続けてしまう人は、少なくないのではないでしょうか。

車を引越しし、手続きが必要になるとは、
おそらくあまり意識していない人が多いですよね。

しかし車は、引越しをしたら手続きが必要になります

特に都道府県をまたいで引越しし、
引っ越した後も前の都道府県のナンバーのままで車に載っていると、
実は違法行為になってしまうので注意が必要です。

どんな法律で決められているの?

車を引っ越した場合の手続きについては、「道路運送車両法」によって定められています。

それによれば、引越しに車を持っていった場合には、
15日以内に変更手続きをしなければならないとなっています。

これは法律に定められた義務ですから、怠ると罰金を課せられる場合もあります。

変更手続きをしないとトラブルの可能性も

また車を引越しし、そのまま変更手続きをせずに乗り続けてしまうと、
様々なトラブルの可能性も出てきます。

まずもっとも大きいのは、もし万が一自動車会社がリコールを行った場合、
その通知が届かないことになります。

リコールの通知は、登録住所に送られることになっているからです。

また税金や保険などの納付書類などが、自宅に届きません。
そのため税金を滞納してしまう可能性も出てくることになります。

さらに盗難や事故などにあった場合、車の所有者についての確認作業が手間取り、
時間がかかることになってしまいます。

そこからさらに、被害が拡大する危険性も秘めています。

変更手続きの流れは?

車を引越しした場合の変更手続きのおおまかな流れは、次のようになります。

まず保管場所を確保し、車庫証明を申請します。
車庫証明の申請は、管轄の警察署で受け付けてくれます。

だいたい1週間ほどで車庫証明が発行されますから、
それを受け取ったら、変更手続きを行います。

これは管轄の運輸支局か、自動車検査登録事務所で行うことができます。

ナンバーは希望のものを取得可能

変更手続きを行うと、プレートのナンバーは、希望のものを取得可能になります。
せっかくですから、希望ナンバーを取得するのもいいのではないでしょうか。

希望ナンバーは、運輸支局の隣にある「希望ナンバー予約センター」の窓口か、
またはインターネットのホームページから予約することが可能です。

ただゾロ目など人気のナンバーは、抽選となりますのでご承知おきを。

また希望ナンバーの取得には、手数料が余計にかかるのと、
交付までの日数も、通常より余計にかかることになります。

引越し先へ車を持っていく時の手順まとめ

目次